2024-05-11

【exo.に新車種登場!】フェラーリ・ポルトフィーノの魅力

2017年9月

フランクフルトモーターショーにて、ワールドプレミアされた、ポルトフィーノ。

「イタリアで最も美しい町」として知られる港町、「ポルトフィーノ」がその名の由来です。

   

そんな、ポルトフィーノがexo.のラインナップに追加され、皆さまに乗っていただけるようになりました!

  

今回は、フェラーリ・ポルトフィーノの魅力についてお話しましょう。

   

ポルトフィーノは、2+2シーターのクーペカブリオレで、先代のカリフォルニアTと基本的なコンセプトは似ています。

しかし、「まったくの白紙から設計したニューモデル」。

大幅に性能アップしています。

   

 12 種類の異なるアルミニウム合金で形作られたシャーシは、完全新設計。

剛性を35%も高めながらも、重量は80kgも軽減しており、フェラーリの飽くなき技術革新への情熱に脱帽させられます。

  

デザインはフェラーリ自社製。

横方向に延ばされたLEDヘッドライトと、左右両端まで延ばされたラジエターグリルが相まって、ワイド & ロ―が強調されています。

ヘッドライトの外側のエッジにはフロントのホイールアーチを経て側面に沿って気流を排出し、ドラッグを軽減するエアインテークが内蔵されています。

  

後輪の手前のクビレが印象的で、クルマ全体に軽快感や躍動感を生み出すとともに、リアフェンダーのグラマラスな印象を強調し、駆動輪であるリアタイヤ周辺を力強く見せています。

   

3,855ccV型8気筒ターボエンジンは、ピストンとコンロッドなどが新設計されています。

   

エアテークシステムの設計やエンジン制御ソフトウェアの見直しにより、先代モデル比で、パワーは40PS、トルクは0.5kgm高められ、600PS/7,500rpm、最大トルク77.5kgm/3,000-5,250rpmとなりました。

   

「都市部に最適なスーパーカー」を標榜するだけあり、乗り心地はすこぶる快適。

ドライバーの操作に鋭く反応するハンドリングは、フェラーリとの一体感を極限まで高めます。

   

エンジンサウンドはフェラーリらしく、よく澄んだ高音。

アクセルを踏み込むと流れ込んでくる、オーケストラを思わせるサウンドは、ターボエンジンであることが信じられないくらい官能的です。

   

オープンドライブ時の快適性は群を抜いており、高速走行時でも風の巻き込みをほとんど感じず快適そのもの。

     

非常に扱いやすく、抜群の実用性を誇るポルトフィーノ。優雅な休日のお供に、最適なフェラーリです。

   

    

次回【フェラーリは世界1のブランド!?フェラーリのブランド戦略】

  • Hello world!

    Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or …